スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

カルタグラ クリアレビュー!

いっやぁぁぁぁ!最高に面白かった!うん!!

カルタグラ ~ツキ狂イノ病 ~ 廉価版カルタグラ ~ツキ狂イノ病 ~ 廉価版
(2007/04/06)
Windows

商品詳細を見る


という事で、この熱が冷めないうちにレビューを書いちゃいますよ~!!



詳しくは「続きを読む」で!



という事で、自分のレビューは毎回熱くなりすぎて「やっちゃった♪」ってなるんで



今回は冷静にレビューしていきますよ、なんたって作風が作風ですからね



先ずは、あらすじ、から行きましょうか?

物語の舞台は戦後三年後の「上野」・・・
当時上野では「猟奇殺人事件」が多発、内容はバラバラ殺人という
あまりに狂気に満ちた内容だった
そんな中、主人公「高城秋五」は刑事時代・・・その以前から上司として
世話になっていた「有島一磨」からある事件の捜査を頼まれた
逗子の良家・・・「上月家息女失踪事件」の捜査だ
有島は上野の事件が担当らしく、手が放せない事から
秋五に頼んだ、というわけだ
上月家・・・その家の息女「由良」は秋五の恋人だった、いや
元と付け加えるべきだろう
そして逗子に向かう途中、由良そっくりの妹「和菜」と出会い
「姉を見つけ出してくれ」と懇願されるが
捜査の依頼人、上月家当主「上月慶一郎」から出された言葉は
「あの娘は、本当は死んでいるんですよ……」
というものだった・・・

上野猟奇殺人事件・息女失踪事件・・・この二つの事件が紡ぎ出す
愛欲に塗れた惨劇は一体誰の欲望か・・・?
絡み合う二つの事件は欲望のままに走り出す
その先に行きつく「恋獄」とは、どのような光景か・・・?
今、惨劇の幕は切って落とされた



次にいつもの事ながら星五段階評価をして見ましょう♪



あ、あらすじで把握されてる思いますがジャンルは「サイコミステリィ」です



それじゃ評価して参りましょう!

ストーリー:★★★★★
補足:ストーリーに関して最高評価でしょう、最後のどんでん返しはプレイヤーの期待を裏切りまくりますね・・・いい意味でですよ?
普通の日常でも和ませるけど過剰なギャグを入れない所がうれしいw
文章表現に関しては若干弱い所がありますね
まぁ若干ですが^^;
基本的にしっかりした感じで固まってます、逆に堅実にストーリーを味わいたいなら
こっちの方がいいのかも?
全体的にサイコ系でありながら崩れないストーリー・・・
これはかなり雰囲気が出てて文句無し!

CG:★★★★★
補足:イノグレのもう一つの魅力・・・といったらコレでしょう!
圧倒的なCGの多さ!なのに一枚一枚が美しい!
大人びた感じの絵です
陵辱系とはまったくベクトルが違いますよ?
繊細で、このほの暗い作風に異様なリアル感を与えてます
CG目当てでもバッチリ価値あり!

Hシーン:★★★★
補足:初めて入れる評価ですが・・・まぁいいでしょう(ぇ
Hな所に付いては、とにかく長い!
コレ、マイナス評価ね
文章とか内容は「うはっ!これは卑怯www」って思わせる位、練りこまれてますが・・・
本当は☆三つですが
Hシーンだってのに毎回選択が二つ出るという拘りに感動して四つ
よくもまぁ~アレだけの数を一枚一枚CG作ったもんですよw
しかも全部クオリティはずば抜けてますw
分岐一つにつきCG一枚用意とか・・・こっちの方が狂気なんじゃwww

BGM:★★★☆☆
補足:可も無く不可も無く、ってところでしょうかね?
盛り上がり部分でのBGMも悪くは無いですが、少し迫力に欠けるかな?
その分、確実なBGMが多く、崩壊させる事はまったく無いですけどね

システム:★★☆☆☆
補足:このゲーム最大の欠点です!!、まだ致命的じゃないから二つですが
細かなミスが多すぎるw
誤字脱字の量は今までで最高記録www
台詞と実際の声が違うことありすぎ
どんだけアドリブ入れるんだよwww
他には開始一発目のBGMが絶対に音飛びする
もう「飛びます!飛びます!」ってレベルですw
バックログも正直使いにくい、クイックセーブとノーマルセーブの枠を別に確保して欲しい
スキップがロードの時もたつき過ぎ、画面の色彩とかフォーカスとか出来れば欲しい・・・
ここまではちょっと贅沢でしょうが・・・
今後の作品で解決される事を願いますw



全体的に神作って言えるでしょう!
面白いですよ!在庫が手にはいるなら人生で一回はクリアしましょう!
オススメ出来るストーリーだ・・・そこらへんのサスペンスなんかより数段上の内容です
見せ場はやっぱり主人公が推理を組み立てて明かす所は勿論の事
戦闘もカッコイイ!!
冬史様!!素敵!!!!!
そして七七の暗躍っぷりwww
最後の最後までコイツ!って感じです
他にも個性的なキャラ完璧な立ち回りでこの惨劇を彩ってくれます

それにしても・・・桜子って・・・いや、なんでも無いです
スポンサーサイト
category
ギャルゲー
Relation Entry

Comment

Trackback

http://7913ryuu.blog46.fc2.com/tb.php/116-26f0d456

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。