スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

今月の方針

今月の方針について、何度か書いてるから大体予測がつくだろうけど
確定申告します(使い方違ry
キャラ不使用・更新ペース激遅
復帰予定:11下旬~12上旬の間
こんなと所です

さて、キャラ不使用とか完璧、管理人のオナ○ーブログ化しますね
これからはこの状態をパターンOとしましょう(Oはオナry
まぁなんでしょうね?
何書こうか?

・・・

おーそんなに管理人の日常が聞きたいですか、そうですか
そんな読者に答えて、いたってフツーなアブノーマル日記を書きましょう(ぇ

そうですね、今日は私が通っているコンクリートの監獄(スクール)の付近にある
図書館のカード作ってきました
資料とかハードカバーの小説が大量にある図書館です

ロミオの作品「神樹の館」にもあるように
古本の独特の匂いというのは、こう・・・たまりませんなぁ~
雰囲気も良い、日常の雑然とした五月蝿さがありませんからね

そんな感じでカードを作った訳なんですが、なにを借りようかと・・・
実はこんな本も見つけたのですが
ロリータ〈上〉 (1959年)ロリータ〈上〉 (1959年)
(1959)
ラウジーミル・ナボコフ

商品詳細を見る

この本のリメイクみたいな本ですがね、正確には^^;
この本はロリコンの語源だったりする
日本文化にピッタリな言葉を与えた、由緒正しき聖書です
崇めなさい(ヲイ!

っと借りようと思ったのですが、カード作って一発目から貸し出しのお姉さんに
怪訝な顔されるのもアレなので、今回は止めときました
お姉さん美人だったお
とかいうコメント望んでるんだろ?
望んでないですかごめんなさい
管理人はっちゃけろよ~とか行ってもね、俺にだって世間体があるんだよ!!
世間より二次元の方が良いですけどね

さて仕様がないので他の本借りることに・・・
本当は小説の書き方~一週間でマスター~って本も良かったんですが・・・
暇ないのでコレもスルー
他にも伝説とか神話だとか管理人が大好きな分野もありましたが
やっぱり暇がry

きっと管理人の脳ミソはファンタジー系なんでしょうね
リアルが詰まらないなら、自分の見たことの無い世界を拝みたい
そういう思考回路です、多分・・・w

それで結局選んだ本が
名セリフ!名セリフ!
(2004/08/05)
鴻上 尚史

商品詳細を見る

コイツです
サラッと読みましたが・・・こいつぁ難しいぜ・・・
これを理解出来たら今頃オナ○ーブログなんて書いてません
きっと清く正しく勉強してるでしょう

内容は劇等の名セリフの考察と言ったところかな?
奇書・・・と言うんでしたっけ、読んだ後情緒不安定とかになりそうなの
ちょっと違うかもしれませんねw
でも、大体そんな感じです
今までの自分を完全否定されそうな感覚に陥ります
軽はずみで読まないほうが無難でしょう
新次元にダイブしたい方はどうぞ、面白い本ではありますから

この本の冒頭部分に面白い事が書いてありました
「小説は作家の器を出ない」
したがって面白く無い奴が何を書こうが面白く無い、絶対に
自分の面白さとは様々な積み重ねだ
ちょっと要約してますが、大体こんな感じ

確かに的をいてる内容ですね
ブログの運営を行っていると、この問題にぶち当たります
実際困ってます
所詮私の人生経験などまだまだで、世界観が狭いです

製作中の小説の内容を書いても
自分の器の底の浅さが目に見えます

わかりやすく具体例を書きましょう
今から超短編のお話(ただの情景描写)を書きます

場面は管理人の帰宅途中での人の情景描写

いつもと変わらない帰り道
だんだん日も傾きだし、ビルの合間から漏れる赤い光が
街中に黒と赤の模様を作り出していた
最近では日が落ちる時間が早くなり、五時にもなれば辺りは真っ暗だ
暗くなればライトを視界も悪くなり、なりよりペダルが重くなる
ダイナモライトを点けるはめになる
少し強めにペダルを踏み込む
肌を突き刺すような、冷たい風が頬を撫でる
きっと雪女に触られたらコレに近い感覚だろう
早く帰りたい・・・
しかし、どんなに急いだ所で信号には敵わない
白と黒で彩色された車が止まっていればなお更だ
渋々ブレーキを掛ける事にする
それないりに速度があったので体を少し前に出すように止まる
慣性で俯きがちになった顔を正面に戻し辺りを見る
正面右上には赤く光る丸い点
下には等間隔に書かれた白い線があり
その先に一人の人影がある
赤色の光を全身に纏った姿は、この寒さの中でも
ほんの少し、温かみを持っていた
自分と同じくらいの年のごく普通の女子高生だ
女子高生は赤いマフラーを首に巻き、口元を隠すように
携帯を弄っている
よくある信号での光景だ
青になればすれ違い、次の信号で似たような光景を目にするのだろう
そんな事を思うと、少し考え深げに思えてきた
が、深く思考する直前、信号が青になる
ペダルをこぎだすために思考を戻す
少し遅れて体が動き出す
そして、すれ違いざまに思うのだ
「マフラー買おうかな」

何が言いたいかわからない?
ごめん、書いてるうちに自分も目的わすれた(ヲイ
それでは、おやすみ~


スポンサーサイト
category
日記
Relation Entry

Comment

そう。気付いたのだ。
マフラーが触手に見えるほど
自分の脳が侵されていたのだ。・・と
それからの記憶があまりない・・
ふと我に返ると
自分のパソコンに表示されている触手画像と
画面に反射されて見える自分の笑った顔があった。
  • 2009⁄11⁄21(土)
  • 14:27

その発想は無かったwww
怖すぎる!それは怖いwww
  • 2009⁄11⁄21(土)
  • 15:21

Trackback

http://7913ryuu.blog46.fc2.com/tb.php/157-ed5bbf73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。